【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第22回「種乞い狐」──『種乞い狐のスケベなお宿へようこそ!』

【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第22回「種乞い狐」──『種乞い狐のスケベなお宿へようこそ!』

2021/03/26 17:00
【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第22回「種乞い狐」──『種乞い狐のスケベなお宿へようこそ!』


人気漫画家の連載コラム! 「全身貞操帯」「触手エステ」──アダルトライトノベル「オシリス文庫」の個性的なプレイやテーマをカレー沢薫先生が切れ味するどく語ってくれます! あなたの知らなかった性癖が花開いちゃうかも!?



(注:コラム内でオシリス文庫の刺激的な挿絵が登場することがあります。周囲にはお気をつけください)

先日「某動物園のパンダが4年ぶりに交尾」という、もう少しパンダの気持ちを考えてほしいニュースが話題になっていた、完全に人権ならぬパンダ権の侵害である。

しかも「4年ぶりに交尾」というと、かなりご無沙汰のように聞こえるが、世の中には四半世紀も夜の音沙汰がない夫婦など山ほどいるだろうし、何年ぶりどころかセックスしてない歴=年齢の、異世界転生もせずに魔法使いへのジョブチェンジに成功した御仁(ごじん)だってそこまで珍しくないだろう。

そういう方からすれば「4年ぐらいで騒ぐな」だろうし、それだったら俺の「3週間ぶり2回目の中折れ」というホットなニュースも取り上げてくれ、という人も多いだろう。

なぜ人間がパンダの交尾にそんなに前のめりかというと、そのAV(アニマルビデオ)をオカズにシコりたいからというわけではなく、パンダの繁殖力が弱く、放っておいたら絶滅しかねないからである。

「絶滅したら困る」というのも、完全に人間の都合であり、パンダが「俺の代で店じまいですわ」と思っているならそれでよく「末代まで祟ってやる! あっ俺が末代か!(爆)」という大爆笑ギャグを言いたいなら邪魔するべきではない気がする。

しかし、パンダはあまり乗り気ではないようだが、動物にとって「繁殖」はとても重要なことである。
中にはカゲロウのように「繁殖するためだけに生まれてきた」ような生物もいる。

人間にも繁殖するためだけに生まれてきたような奴もいるが、それは「繁殖までの過程」が好きなだけで、むしろ繁殖段階になったら逃げだす場合もある。

人間のように繁殖を目的としない交尾をする生き物はまれであり、昔読んだ漫画にも「繁殖目的以外のセックスは全部変態行為だ」というようなセリフがあった。

つまり、魔法使いか、子作り以外でセックスをしたことがないという百発百中のスナイパー以外の人間は軒並み変態ということである。
「コンドーム携帯」は人間のあいだではエチケットかもしれないが、ほかの動物から見れば胸ポケットに常時アナルビーズを忍ばせているくらい奇異なことなのかもしれない。

オシリス文庫にも主に「繁殖行為」をテーマにした、生物学的にも貴重な資料が多く収蔵されているのだが、やはり「繁殖過程」の方に重きを置いており、繁殖目的でない生物上変態行為率も高い。
しかし「繁殖目的でなくても繁殖してしまう可能性」を全く考慮していないのもよくないので「ピルを飲んでいる」という描写が意外と多いのもオシリス文庫の特徴だ。
「ヤればデキる」というのは、ただの根性論ではないのだ。

しかし、やはりセックスの本分は繁殖である。
今回紹介するのは「目的は繁殖」という、生物的には全く変態ではない「健全本」と言っていい作品である。

『種乞い狐のスケベなお宿へようこそ!』


この物語は主人公である医療機器商社の営業「栗本史郎(くりもとしろう)」が、異動先である東北地方のお得意様から、ある伝承を聞かされるところから始まる。

要約すると「この近くの山には人間の男をかどわかす化狐がいる」という話で、その狐の好物はもちろん「人間の男の精」である。

人間の女の好物はパンケーキからタピオカなど目まぐるしく変わるというのに、エロ創作に出てくる人外女子さんの好物は一貫して人間の男の精である。
もう令和なのだから、もっとほかに美味いものがある気がするが、サキュバスにタピオカミルクティーとか飲ませて「こっちのが美味いじゃん」となったら一大事である。

その狐に捕まった男は、精を搾り取られ、老けた姿や死体となって発見されるという。

もちろんただの作り話と思っていた史郎だが、実際その山で今まで見たことのない鳥居を見つけ、興味本位でくぐってみたところ、不思議なことにそこまで登ってきたはずの石段が消えてしまう。
途方に暮れていたところにツインテールの女子と思しき人影を見つけ、追っていったところ「幻燈亭(げんとうてい)」という古めかしい宿にたどり着き、そこから出てきたのは先ほどのツインテール女子を含む美しい三姉妹であった。

「夜にこの山を下りるのは危険だからひと晩泊まっていけ」と、絶対泊まった方が危険な目に遭いそうな女将(おかみ)である長女の誘いを受け、せっかくだからと温泉を堪能する史郎だが、そこへ突如襦袢姿の女将が現われる。

さっそく、エロ創作温泉名物「頼まれてもないのに背中を流しにくる女将」の登場だ。
女将が背中を流しにこない旅館など、屋根がないも同じである。


史郎は「うひょ!」「おっとと」など、26歳という年齢のわりにいつ一人称が「小生」になってもおかしくないぐらい、おっさん臭いところがあるのだが、いきなり男の風呂に乱入してくる女将に対しても「おっと、これは嬉しいハプニングですぞ」とばかりにすぐ順応し、当然「背中以外」も胸や口で洗ってもらい、最終的に風呂に入る前より汚れたのではというぐらい、派手に合体する。

その後、賢者モードになった史郎が「こういう風俗店なのか?」といぶかしんでいるところに、今度は山で見かけたツインテール女子の次女が部屋に「種をよこせ」となまはげのようにやってくる。

女将と4発やって史郎も若干冷静になったのか、次女の申し出を断ろうとするが「なんでや処女やぞ、男は処女好きやろ(意訳)」と処女がしなさそうな迫り方をしてくる次女に対し、史郎は「とりあえず処女かどうか確かめる」ことにする。

「処女かどうか確かめる」と言ったら、とりあえず挿入して「処女だとわかった時点でもう処女ではなくなっている」という台なし検査がおなじみだが、史郎はそんな乱暴なことはしない。

口や手でほぐしたあと「目視」である。
私も無知ゆえに「処女膜が肉眼で確認できる」とは知らなかったが、見えたというからには見えたのだろう。

申告どおり処女だったので、約束どおり次女を抱く史郎だが、激しすぎたのか気絶、そして目を覚ますと、尻尾と獣耳が生えた次女が横たわっていた。

もうわかっているとは思うが、この三姉妹の正体は件(くだん)の狐である。

あらためて姉妹を紹介すると、まず女将の名は「葛葉(くずは)」、長女らしく大人っぽくおっとりとした口調で一番の巨乳である。
そしてツインテールの次女は「燐火(りんか)」、史郎に対し常にキツい態度を取るツンデレだ。
最後に三女の「月夜(つくよ)」はひっこみ事案で体つきも控えめ、史郎のことを「お兄様」と呼ぶ妹キャラである。



三姉妹の目的は、燐火が言ったとおり「種」である。
姉妹の一族には女子しか生まれず、子孫を残すためには、人間の男と交わる必要があり、その相手に史郎が選ばれたということだ。

史郎は姉妹たちの願いを受け入れ、1ヵ月(幻燈亭は外と時間の流れが違うので人間界の時間にして3日)姉妹たちに種を提供することにする。
最後に残った、いつもは大人しいが、狐化している時は誰よりも痴女化する月夜とも無事交尾し、さらに姉妹丼など種付けライフを満喫するのだが、それと並行して語られるのが「姉妹たちの父」の話である。

姉妹の父も人間なのだが、人間界に戻ったまま結局かえってこず、母は失意のうちに亡くなり、姉妹たちの心にも大きな傷となって残っている。
史郎はその父がなぜ帰ってこなかったかを調べることにするのだが、そのくだりは、正直泣ける、エロラノベで泣くとは思わなかったが、昔泣かせるエロゲーがはやったように、エロと泣きの相性は悪くないのだ。
エロといい話、そして繁殖が目的だけあって「家族愛」も書かれた良作である。

ただ、涙が渇ききらないうちに、姉妹全部乗せ丼という、血糖値が心配になるプレイがはじまるので、脂肪の吸収を抑える黒色のお茶飲料などの水分を用意してから読んでほしい。


カレー沢薫

漫画家兼コラムニスト。2009年に『クレムリン』で漫画家デビュー。近年は切れ味するどいコラムでも人気。『ひとりでしにたい』『負ける技術』『生き恥ダイアリー』など著書多数。一日68時間(諸説あり)のツイッターチェックを欠かさない。


種乞い狐のスケベなお宿へようこそ!
著者:犬吠ろめゐ/イラスト:みあ

購入はこちら

オシリス文庫公式サイトはこちらから

関連記事
最新記事
TGマーケットアプリはインストール済みですか?
アンケートの送信を受け付けました

アンケートのご協力いただきありがとうございました。
【まとめ】カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験
【まとめ】『天結いラビリンスマイスター』まとめ
【まとめ】『対魔忍RPGX』まとめ

★アクセスランキング(美少女ゲーム関連)

ロード中

★アクセスランキング(オンライン関連)

ロード中

★アクセスランキング(CG集関連)

ロード中
上へ戻る