【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第25回「熟女騎士団」──『BBAズ 異世界で奴隷になって年上お姉さまたちに弄ばれています』

【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第25回「熟女騎士団」──『BBAズ 異世界で奴隷になって年上お姉さまたちに弄ばれています』

2021/05/07 17:00
【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第25回「熟女騎士団」──『BBAズ 異世界で奴隷になって年上お姉さまたちに弄ばれています』


人気漫画家の連載コラム! 「全身貞操帯」「触手エステ」──アダルトライトノベル「オシリス文庫」の個性的なプレイやテーマをカレー沢薫先生が切れ味するどく語ってくれます! あなたの知らなかった性癖が花開いちゃうかも!?



(注:コラム内でオシリス文庫の刺激的な挿絵が登場することがあります。周囲にはお気をつけください)

「熟女ブーム」と言われて久しい。

しかし「日本で若い女が大流行」とは言わないので「ブーム」と呼ばれているうちはまだ一般化してないともいえる。
タピオカがブームと言っても味噌汁の具にしたら客に文句を言われるし、特に熟女を売りにしていない風俗が「42回目の17歳」という感じの女性にセーラー服を着せて出したらチェンジもやむなしなのである。

しかしアダルトコンテンツの熟女需要が昔より高まっているのは確かだ。

ただ日本は少子高齢化によりコンテンツ利用者の平均年齢も上昇する一方なため「熟女人気」ではなく、ただ単に「同年代の女を求めた結果」という説もある。
このまま高齢化に歯止めがかからなければ熟女の方がメジャーになり、本当にアダルト業界で「若い女ブーム」と呼ばれる日がきてしまうかもしれない。

どちらにしても熟女需要は確実にあり、オシリス文庫も読者層が若いラノベというジャンルでありながら、三十路越えのヒロインや人妻、母などが普通に出てくる。

もしかしたら「ラノベは若者が読んでいる」という発想こそがTHE中年であり、実際はおっさんしか読んでいないのかもしれないが、だったらなおさら熟女需要はある。

それに、熟女が好きな若い男がいるのも事実である。

ちなみに熟女の体は「熟れた豊満なボディ」と表現されることが多いが、実際は年を取れば取るほど「水分含有量」が減るので、熟れた果実というよりドライマンゴーになってくる。

もちろん水分不足は肌だけのことではなく、下半身も同様である。
よって、どれだけ若い女にはない貪欲な性欲を持っていても、肉体的には水気が足りなくなりがちなので、ローションなどの助っ人を持参するのがデキる熟女好きの姿だ。

一方で熟女に対して体ではなく精神的安寧を求める人もいる。
熟女風俗に若い男が行くと「若いわね! あらあらどうしましょう!」と、演技かもしれないが、それだけで喜んでくれるらしく「最近テレビでよく見る俳優のほら! なんとか君に似てるわ!」という見え透いたお世辞を言われても相手が熟女なら「老眼で本当にそう見えており、なんとか君の名前もド忘れで本気で出てこないだけだろう」と思うことができるそうだ。

イケてるものを全て「シュッとしてる」で片づけるように、童貞でも短小包茎でも全部「カワイイ」で受け入れてくれる熟女の「包容力」に魅力を感じている男も多いのだ。

つまり「年上の女に可愛がられたい」という欲求を満たしてくれるのが「熟女」というジャンルである。

今回紹介するのはそんな欲求を満たすためにあるような作品だ。

『BBAズ 異世界で奴隷になって年上お姉さまたちに弄ばれています』


今回もタイトルだけで全部説明していただき恐縮である。
「BBA」とは隠しコマンドではなく「ババア」の隠語だ。

先に断っておくが「BBA」というタイトルに「おばあちゃん子の拙者向けですな」とご起立された方は、そのまま着席せずに部屋から出ていっていただきたい。

「熟女もの」には2パターンあり、ひとつは名実ともにBBAとしか言いようのない、逆にそれ以外の呼称は無礼に当たるような熟女を起用しているもの、もうひとつは見た目はどう見ても若い女だが、そこに「人妻」や「母親」という「設定」をつけて楽しむタイプだ。

本作は後者であり、本物のBBAを求めて読まれると暴動が起きかねないのでそこだけ留意していただきたい。

本作はタイトルどおり異世界ものであり、大学生の主人公「篤郎(あつろう)」が目を覚ますと見知らぬ世界にいた、というところから始まる。

混乱しつつも神殿のような建物の中を進んでいくと『ようこそ、女王選別式(クイーンズゲーム)へ、拡張現実型異世界「ヘブラット」と仮装魔術システム「ベイガン」はあなたを歓迎します』というような声が頭に響いてくる。

このように、とてもタイトルが『BBAズ』とは思えない、本格異世界ファンタジーな始まり方をする本作だが、オシリス文庫ではタイトルのIQは3なのに、内容は注意深く読まないと話を見失うミステリーやファンタジーということがまれによくあるのだ。

この謎の声が言うことは、専門用語もあり冒頭時点では意味不明なのだが、要約すると「今からお前を異世界に転送するのでがんばってこい」ということらしい。

そんなわけで篤郎ががんばるために転送されたのは「レヴァニア」という異世界大陸であり、転送されて4秒で、豚に似た魔獣と、それに劣勢を強いられる褐色の肌に灰色の髪を持つ魔族(ダークス)の女騎士「ジュヌーン」に遭遇する。

捨て身でジュヌーンを助けた篤郎は深手を負うも、ジュヌーンと珍しく性的な意味ではない一夜を過ごすことにより回復し、とりあえず行くところもないので王国騎士であるジュヌーンが駐屯している町へとついていく。

ちなみに「レヴァニア」は女が神の祝福を受けているため、男より力が強く、要職にも女がついているという女尊男卑の世界観である。
かといって男が過剰に虐(しいた)げられているわけでもなく、地位が低い代わりに「女に保護されている」といった感じで、まさに世界観自体が「熟女」なのである。
しかし、そんな待遇に不満を持ち男性解放運動を企てる男が登場するなど、現実社会の問題にも通ずる内容にもなっている。

ジュヌーンは怪しまれないように篤郎を「奴隷商人から逃げてきた奴隷」という設定で自分のそばに置こうとするが、上司である「ヘラ」に引き合わせたところ、ヘラつきの奴隷にされてしまう。

ヘラは貴族の人妻であり、見た目は三十路前後だが15歳の娘がいる母親で、おっとりとした性格で、篤郎に対しても子どものような可愛がり方をしてくる理想的な「ママ」である。

ヘラの奴隷となった篤郎は甲斐甲斐しく雑用に励み、ヘラにも気に入られ、ある日「風呂に一緒に入ろう」と誘われる。

ちなみに篤郎は童顔童貞、なかなかの巨根だが包茎という、年上の女に可愛がられる男としてはこれ以上ない高スペックである。
ちなみに現実の熟女は特に包茎が好きというわけではないと思う。

そんなお宝を見せられて平静でいられるわけもなくヘラの手は篤郎の股間へと伸びていく。

ここで再び注意してもらいたいが、奴隷、女尊男卑、弄ばれると聞いたら、ひたすら年上の強い女に凌辱され、最終的に去勢を受け人間家具にされる、という展開を期待してしまう人も多いと思う。
しかし、本作では確かに、肉体も性欲も強い女に迫られる展開が多いが、いざことに及ぶと篤郎も攻めに回り女たちを腰砕けにさせてしまいもする。
ヘラに対しても最初はされるがままであったが、もう我慢できないと逆に襲いかかり、そのまま童貞を喪失している。
つまり「当方ドM本格調教希望」のような方が読むとまた暴動が起きるので注意してもらいたい。

その後、篤郎はジュヌーンがかつておくれを取った魔獣を倒すため、集まった女冒険者3人組に「死ぬかもしれない戦いの前の景気づけにイイ男とヤリまくりたい」という誘いを受け、童貞喪失から突然4Pという飛び級を果たしたりもする。


ちなみにメインヒロインであるジュヌーンは27歳、とてもBBAと呼ぶのははばかられ、熟女風俗で彼女が出てきたら店に放火不可避だが、ジュヌーンは夜通し4Pに興じ帰ってこなかった篤郎を叱責するでもなく「男娼の真似事までして稼がなくても、お前のことくらい私が面倒を見てやる」と言ってくれる。
これぞまさに熟女に求められる「包容力」、三十路越えたら女じゃないというのが愚かなように、20代なんてBBAじゃないというのも浅はかということだろう。
重要なのは中身だ、逆に見た目が52歳でも中身が女子小学生ならばそれは「●リ」なのである。

その後、篤郎は再びタイトルを忘れそうな魔獣との死闘を繰り広げ、ジュヌーンとも結ばれることになる。
正直まだ謎の多い話なのだが、3巻では篤郎が性感帯や性癖を見抜けるスキルを授かったり「痴女武官」という一度は名乗ってみたい肩書きを持つ新たなBBAが出てきたりと今後ますますのスケールアップが期待できる作品だ。


ちなみに冒頭の謎の声は、RPGで言うところの「レベルが上がった、ちからが3あがった」のように、篤郎がなんらかの条件を満たした時にたびたび聞こえてくる。

ただし「妊娠させるにはあと73回の膣内射精が必要」「低確率で必中妊娠(クリティカル)」などやたら妊娠に関する報告が多いのが特徴だ。

現実でこんな報告システムがあったら72回中出しして逃げる輩(やから)が出ると思うので、なくてよかったと思う。


カレー沢薫

漫画家兼コラムニスト。2009年に『クレムリン』で漫画家デビュー。近年は切れ味するどいコラムでも人気。『ひとりでしにたい』『負ける技術』『生き恥ダイアリー』など著書多数。一日68時間(諸説あり)のツイッターチェックを欠かさない。


BBAズ 異世界で奴隷になって年上お姉さまたちに弄ばれています
著者:二守透谷/イラスト:煌乃あや

購入はこちら

オシリス文庫公式サイトはこちらから

関連記事
最新記事
TGマーケットアプリはインストール済みですか?
アンケートの送信を受け付けました

アンケートのご協力いただきありがとうございました。
【まとめ】『対魔忍RPGX』まとめ

★アクセスランキング(CG集関連)

ロード中

★アクセスランキング(オンライン関連)

ロード中

★アクセスランキング(美少女ゲーム関連)

ロード中
上へ戻る