【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第26回「村公認寝取り」──『掟の村 ~掟に従って俺と子作りをする女たち~』

【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第26回「村公認寝取り」──『掟の村 ~掟に従って俺と子作りをする女たち~』

2021/05/21 17:00
【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第26回「村公認寝取り」──『掟の村 ~掟に従って俺と子作りをする女たち~』


人気漫画家の連載コラム! 「全身貞操帯」「触手エステ」──アダルトライトノベル「オシリス文庫」の個性的なプレイやテーマをカレー沢薫先生が切れ味するどく語ってくれます! あなたの知らなかった性癖が花開いちゃうかも!?



(注:コラム内でオシリス文庫の刺激的な挿絵が登場することがあります。周囲にはお気をつけください)

現在大人気の競走馬を美少女に擬人化したソシャゲに私もご多分に漏れずハマっている(編集部注:2021年5月現在)。

オタクの言う「沼」というのは深いだけではなく、無限に広がることでも有名であり、和太鼓漫画からスパンキングに目覚めるなど、漫画やゲームなどがきっかけで別のジャンルにハマるというのはよくあることだ。

趣味や興味が広がるのはいいことである。
しかし、この馬ゲームがきっかけで別のジャンルにハマるとすれば「顔面騎乗」というレア進化をする方も若干いらっしゃるとは思うが、大多数が「競馬」だと思う。

ソシャゲから競馬というのは、場合によっては地獄とヘルの反復横飛びになってしまい、気づいたら馬ではなく遠洋漁業船に乗っていたということもあるので、好奇心と探求心が旺盛な方は気をつけてプレイしてほしい。

ちなみにこのゲームは「アダルト二次創作禁止」なことでも有名である。
登場する少女たちのモデルになっているのは実在の競走馬である。
ただでさえがんばって走ってくれているお馬さんたちを文字どおりエロ同人誌みたいな目に遭わせるというのは、本人(馬)にはもちろん、許可してくれた馬主や競走馬界隈に申し訳が立たぬというものだ。

それに馬といったらナニがとは言わないがナニがアレである、放っておいたらとんでもないDB(ドスケベブック)が出回るのは容易に想像がつくので、個人的には先手を打つのは賢明だと思う。

しかし、このゲームの世界ではご法度(はっと)だが、競走馬界隈において「子作り」、つまり「種付け」は非常に大事なことである。
競走馬というのは「血統」がとにかく重要であり、優秀な成績を残した馬は引退後「種馬」となり、種付け料が1000万円を超える馬もいるらしい。

つまり、人間がティッシュやゴム状の物体に入れて捨てているものに1000万円の価値があるということだ。

しかし、馬にも人間と同じように、種付けの上手い下手、好みというものがあるらしく、種付けが大好きで、ほかの馬が種付けに連れていかれる時でさえ「俺も」とついていこうとする馬もいれば「僕は種付けよりニンジンとか食べてた方がいいんで」という現代の若者みたいな馬もいるという。
さらに、小柄な栗毛の馬にしかヤル気にならないため「金髪●リ」というあだ名をつけられた馬もいたそうだ。
関係者はどうにか意中の牝馬に種付けさせるため、まず金髪ロ●馬でヤル気にさせて、挿入の直前で別の馬に差し替える作戦を取ったりしたそうだが、バレて怒られた(馬に)らしい。

人間だって、前戯段階では若い金髪美女だったのに、挿入段階で天パのBB(ブスババア)に差し替えられていたら確実に返金騒動である。
関係者には悪いがバレてよかったと思う。

人間の場合、血統も無関係とは言いきれないが、初代は優秀なのに二代目はボンクラということはよくあるし、金持ちそうなおっさんと、モデルのような若妻、そしておっさんそっくりな娘という家族構成はセレブタウンではかなりスタンダードと聞く。
人間はどちらかというと、血統より、生まれてからの課金の方が重要と言われているので、どれだけ優秀でもその精子に馬ほどの高値がつくということはない。

だがそれは現実の話であり、異世界なら別である。
今回はそんな「種馬」になった男の話だ。

『掟の村 ~掟に従って俺と子作りをする女たち~』

これが今回紹介する作品だ、タイトルではわからないが異世界転生ものである。


最近は「最初からこの世界の生まれ」でもいいような話でさえ、「チャリで来た」の感覚で「異世界転生してきた」と冒頭にサラっと書かれているケースが多い。
もはやラノベにおいて「異世界転生」というのは手紙における「拝啓」くらいの立ち位置なのかもしれない。

そんなわけで、主人公の新田奏(カナデ)は、いつもどおりトラックにはねられて異世界に転生してきた。
だが、はねられたのは「子どもを助けたから」ではなく「子どもを助けるために飛び出した誰かを避けるために急ハンドルを切ったトラックに突っ込まれたから」である。

つまりカナデはいわゆる「主人公キャラ」ではない。

転生先では村長の孫というそこそこのポジションに生まれるも、特殊能力を授かっているわけでもなく、逆に村長の孫のわりにたいしたことないという理由でイジメの対象にすらされるありさまだった。

そんなカナデをいつも助けてくれたのが幼馴染の「アリア」である。
普通ならカナデが主人公として成長してアリアとくっつくという話になるのだろうがアリアにはすでに血のつながらない兄弟である「ラグナ」という思い人がいた。

この「ラグナ」もヒーロー気質というわけではないが、いつもは飄々(ひょうひょう)としつつも、いかにも「やるときはやる」雰囲気をかもしだしている。

つまりラグナの方が明らかに「ラノベ主人公」であり、カナデの前でもアリアと普通に「最終的にくっつくラブコメケンカップルムーブ」を繰り広げるのだった。
つまりカナデは主人公カップルを傍観する「俺たち」のポジションなのだ。

そんな自分の状況になかばあきらめ気味だったカナデだが、ある日転機が訪れる。

カナデの夢精したパンツを調べて見たところ、精液に高い魔力が含まれるレアスキル「英雄の血筋」であることが判明したのだ。
なぜ調べてみる気になったのかは永遠の謎だが、おそらくカピカピになったパンツからただならぬ気配を感じたのだろう。

よってカナデは精子を提供することで生活を保障され、村は補助金まで得られるようになる。
しかし、精子に高い魔力が含まれているからといって、顔射すれば魔物が死ぬというわけではない。
高い魔力を引き継ぐ子どもを作ることが不可欠であり、祖父である村長や領主にも、村の女をガンガンに孕ますようにうながされるのだが、なにせカナデは「ちょっといい家に生まれただけのボンクラ」ポジであり、レアスキルのことも一部の者しか知らないため、しばらく種はよくてもまく畑のあてがないという状態だった。

そんな時、アリアの母でありカナデの魔法の先生である「マリア」、そして夫の「ルディ」に呼びだされる。
そしてスキルのことを知るルディから「どうか妻を孕ませてくれないか」と懇願される。
ちなみに、実子であるアリアの魔力が低く、苦労させたため、次に生まれてくる子には苦労させたくないという理由である。

言い忘れたが本作のテーマは「NTR」だ。
本来であれば、当て馬ポジであろうカナデが、スキルを理由に人妻であるマリアや、ほかに思い人がいるアリアと関係を持っていく、寝取り物語である。


ただ、カナデもコンプレックスから相当ひねくれてしまっているが根っからの悪人というわけではなく、ヒロインたちをそこまで強く脅す描写はなく、たまに主人公ムーブもする。

キレイなチャラ男くんや、モブおじさん視点の話という感じなので、性癖的にはNTRが好きだが、その後の賢者モードがキツすぎるため健康上の理由でNTRを医者に止められているという方は、こちらの減塩NTRを試してみてはいかがだろうか。

しかし、塩は抑えていてもぬるいというわけではない。
マリアとの性交は夫のルディに強度の寝取られ趣味があるというエクスキューズでまだ安心して読めるのだが、ラグナという思い人がいながら、村の掟に従い「神の子」という設定にされたカナデに、ラグナの名を呼びながら抱かれるアリアの姿には、NTR好きの涙と勃起が止まらない要素がちゃんと詰まっている。

ほかにも、田舎の陰惨な掟や金や才能を持たずに生まれてきた人生のハードさなど、俺たちの心をえぐる要素も満載なので、それなりに心の準備運動をしてから読んでもらいたい。
しかし、エロまで暗いというわけではなく、最初は沈痛な面持ちだった娘たちも始まってしまえば文字よりハートマークの方が多い奇声を発し始めてとても明るいので、そこだけは安心してほしい。
あとヒロインたちも身も心もカナデに屈し、本命くんのことは忘れてしまう、というわけではなく「気持ち的にはまだ本命くんだけど、セックスはカナデの方がいいんだから仕方ないよね」という、ある意味男にとってはたまらないしたたかさを見せてくる。

そして、俺たちの心をえぐるだけではなく「俺たち大歓喜」な部分もある。
カナデが寝取る娘のひとりに「エマ」という冒険者のボクっ娘がいるのだが、閑話としてエマの恋人である「コータ」視点の話が入っているのだ。
つまり、恋人を寝取られた男側の心情吐露である。
ちょっといい家に生まれただけのボンクラと見下していたカナデに処女だった恋人を寝取られ、どんどん恋人の体はカナデのものになっていくさまを見せつけられるという本来なら同情すべきポジなのだが、なにせこちらは「カナデ側」なので逆にちょっとスカっとする。

我こそは「カナデ側」だという人はこの閑話だけでも読む価値がある。


掟の村 ~掟に従って俺と子作りをする女たち~
著者:たけのこ/イラスト:爺わら

購入はこちら

オシリス文庫公式サイトはこちらから

関連記事
最新記事
TGマーケットアプリはインストール済みですか?
アンケートの送信を受け付けました

アンケートのご協力いただきありがとうございました。
【まとめ】『天結いラビリンスマイスター』まとめ
【まとめ】カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験
【まとめ】『対魔忍RPGX』まとめ

★アクセスランキング(美少女ゲーム関連)

ロード中

★アクセスランキング(オンライン関連)

ロード中

★アクセスランキング(CG集関連)

ロード中
上へ戻る