【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第42回「恋人契約」──『恋人契約しませんか? -デレツンお嬢様と社畜の俺-』

【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第42回「恋人契約」──『恋人契約しませんか? -デレツンお嬢様と社畜の俺-』

2022/01/14 17:00
【オシリス文庫】「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第42回「恋人契約」──『恋人契約しませんか? -デレツンお嬢様と社畜の俺-』


人気漫画家の連載コラム! 「全身貞操帯」「触手エステ」──アダルトライトノベル「オシリス文庫」の個性的なプレイやテーマをカレー沢薫先生が切れ味するどく語ってくれます! あなたの知らなかった性癖が花開いちゃうかも!?



(注:コラム内でオシリス文庫の刺激的な挿絵が登場することがあります。周囲にはお気をつけください)

「セックスしよ?」
これは今から30年ほど前に放送された某トレンディドラマでヒロインが発したセリフである。

あまりに大胆かつ斬新、それでいて核心を突くお言葉、そしてこれを言ったのが当時人気の若い美人女優だったこともあってか、このドラマは最高視聴率30%超えの大ヒットとなった。

上記のセリフも「ゲッツ!」感覚で言っていいことではないので流行語大賞とはいかなかったが、当時真似して男を誘ってみた女、勘違いドブスさんに言われて10キロ台のダイエットに成功してしまった男、そして親と一緒に見ていた子供がクラスで真似をしたことにより、その言葉がブーム化し学級崩壊したクラスなど、影響はいろいろあったと思われる。

それから30年、このドストレートな誘い方が一般化したかというと、いまだにはっきり言わずに流れでベッドイン、あとでガタガタ言いだす男女が少なくないありさまだ。いったい我々は30年間なにをやっていたのか。

そういう回りくどさこそが楽しいのかもしれないが、迂回に迂回を重ね、道中どれだけコンビニに寄ろうが最終的に必要なのは上記の「セックスしよ?」である。

まず自分がなにをしたいかを明確にしているため、あとで「そんなつもりじゃなかった」が発生しない。
また希望を伝えながらも強制ではなくあくまで提案の段階であり、相手に可否を示す機会を与えている。
さらに返答はイエス or ノーだけですみ、意思表示が苦手な奴でも答えやすい親切設計だ。

「性的合意」の重要性が叫ばれるこの世の中において「セックスしよ?」はマストな言葉と言える、これから社会人に必要なのはホウ・レン・ソウ・セックスしよ? である。

このドラマは今回紹介する話とは全く関係ないのだが、なぜか読んでいて猛烈に思い出してしまった。

『恋人契約しませんか? -デレツンお嬢様と社畜の俺-』


主人公の「八島誠吾(やしませいご)」は結婚相談所に勤めるもうすぐアラサーの男である。

彼はいまだ童貞なのだが、職業柄、20代前半を所望するアラフィフ男や「普通の人でいいんです」と言いながら「希望年収1000万」とシートに書いてある女たちを相手にしすぎてしまったせいか、恋愛経験もないのに恋に絶望するという、始まる前に終わってしまった男である。

そんな終わった生活をしていたところに「阿賀嶺久音(あかみねくおん)」という女子新入社員が入ってくる。

彼女は誠吾の勤め先を子会社に持つ阿賀嶺グループの令嬢であり、社会勉強のために数年間、誠吾の会社で働くことになったという。
終わった人生生活を維持するためだけに働いている下級国民からすればお勉強のために働きにきている女などとまともに働ける気がしないが、誠吾は久音の教育係のようなポジションを押しつけられてしまう。

久音はいかにも世間知らずの天真爛漫なお嬢様かつ、天然風で結婚相談所の仕事を真に理解するため誠吾に恋人のフリをする「恋人契約」を持ちかけ、誠吾がしぶるとこれを会社のプロジェクトにすればいいと言いだす。

本来なら顔面に鉄拳、顔がダメならフィストファックで社会というものをわからせてやりたいところだがなにせ久音は親会社の令嬢である。
誠吾の上司もいさめるどころか「さすが久音さんそれいただきっすわ」と久音の提案を全面支持し、会社公認のプロジェクトとして誠吾と久音は一定期間恋人として過ごすことになる。

なんというクソ会社、であるが容姿端麗で純粋な久音と恋人として過ごすうちに「もしかして恋ってよくね?」と思い始めた誠吾はどうして恋人契約の相手に自分を選んだのかと久音に尋ねる。

すると久音から返ってきた答えは「自分の思ったとおりの反応をしてくれて面白いから」であった。

これが乙女ゲーで誠吾がヒロインであれば「おもしれー女」という最上級の褒め言葉だが、残念ながらこれは「童貞まるだしでウケる」という意味である。

この頃から久音は本性を現わし始め、なにかと誠吾を挑発し、ついに夜の公園で「セックスしませんか?」と往年の名台詞をドロップする。

だがそんな提案に賛成っクスできるような男にアラサー童貞など務まらない。

セックスはちょっとと期待を裏切らない童貞ムーブで及び腰になる誠吾に対し久音は「そんなことを言っても体は正直」とおっさんのようなことを言って誠吾の股間を弄りそのまま手でイカせてしまう。

そして一発抜いたあと、久音から出された提案は「それじゃあセックスしましょうか?」であった。


ワンスモアセックスを所望する久音に対し誠吾は「セックスってそう簡単にするものじゃないだろう」と拒否したため、その場はおひらきとなる。
奇しくもちゃんとセックスの提案から意思確認、合意が取れなかったため断念、という必要プロセスが踏めてしまっている。やはり「セックスしよ?」最高に使える言葉だ。

だが、否セックスになった後日、今度は久音が誠吾の自宅にまでやってきて、こういうのだ。

「セックスしましょうか?」と。

なにはなくともセックスをしよう、話はそこからだと、誠吾よりよほど童貞ムーブをする久音に対し、誠吾はセックスとは本当に恋した相手とするべきだという処女ムーブで対抗する。

だがそれに対しての久音のアンサーは「本当の恋を始めるためにセックスしましょう」であった。

どうやらこれは現代劇と見せかけて「セックス」を選ばないと前に進まない無限ループ異世界ものだったようだ
誠吾もやっとそれに気づき、そして久音の言うとおり、セックスからふたりのあいだになにかが始まることを期待し、ついに久音とセックスすることになる。

そしてお互い初体験を終え、ふたりのあいだになにか始まったかというとマジで始まってしまい、久音も誠吾を本当の恋の相手として意識することとなる。

それを捨ておけないのが、誠吾の高校からの腐れ縁で同じ職場の「葛城杏(かつらぎあんず)」である。


サバサバ系の彼女は誠吾と気の置けない友人関係であったが、実は昔から誠吾に思いを寄せていた。
久音の登場に焦りを隠せなくなった杏は急遽、誠吾をデートという名目でラブホテルに誘う。

「なぜこんなところに?」と再びカマトト処女ムーブをする誠吾に対し杏の答えはもちろん「セックスするため」である。
この作品に出てくる女性キャラは意思表示がはっきりしている。世にはびこる察してちゃんどもに彼女らの股間の垢(あか)を煎じて飲ませたいぐらいだ。
そのやりとりの中で誠吾が既に久音とセックスをしたと知り、杏はショックを受けるも「だったらなおさらセックスしなければいけない」とセックスへの意思をさらに固める。

このように、登場人物がやたらセックスと連呼し、セックスに対し多大なる期待と全幅の信頼を寄せているため、読んでいる方はだんだんセックスがゲシュタルト崩壊してきてセックスがなんなのかわからなくなってくる
ただこの世界でセックスは「全てを解決するナニカ」であることだけは確かだ。

結局、杏のセックスへの飽くなき意欲を覆すことはできず、誠吾は杏とも関係を持ってしまい、誠吾を意識し始めた久音と昔から誠吾を好きだった杏との三角関係に発展していく。

その後、物語では恋人契約プロジェクトの中止、久音のお見合いなどが描かれるのだが、3人がどんな結末をむかえるのかぜひ見届けてほしい、そしてセックスとはなにか、ぜひ本作を読んでますます見失ってほしい。


恋人契約しませんか? -デレツンお嬢様と社畜の俺-
著者:桐刻/イラスト:homa

購入はこちら

オシリス文庫公式サイトはこちらから

関連記事
最新記事
TGマーケットアプリはインストール済みですか?
アンケートの送信を受け付けました

アンケートのご協力いただきありがとうございました。
【まとめ】カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験
【まとめ】『天結いラビリンスマイスター』まとめ
【まとめ】『対魔忍RPGX』まとめ

★アクセスランキング(美少女ゲーム関連)

ロード中

★アクセスランキング(オンライン関連)

ロード中

★アクセスランキング(CG集関連)

ロード中
上へ戻る